真夜中の月と猫、





「世界中に二人だけみたいだね」と小さくこぼした




24時間限定リアルタイム


今の感覚忘れちゃダメだわ
自分でなんとかせなって思った瞬間
白い光が見えた
そこから切り替えられた

自分の中に在る、光が自分を救った

こんなにも強い自分が居るなんて知らなかった。


全部やり直したい、、、


わかんないよ


待つしかないってな


ちょっとした勇気なんだよ、
1分、1秒時間は流れていく

ほんとう、ちょっとした勇気
がんばれ
私が背中を押してあげる。


頑張っている背中を見て、
私もがんばろうと思った

暗闇が世界を包んで、見えなくなっても
君の笑顔でもう一度を取り戻したんだ